2015年07月25日

運用実績「10年で袋美沙3.5倍」 AIJ、実

ロンドン五輪の柔道男子66キロ級で銅メダルの海老沼匡選手(22)=パーク24=が30日、ロンドン・オリンピックパークで記者会見した. 試合から一夜明け、「この経験を、4年後の金メダルに生かしたい」と未来へ勝利を託した. この日は銅メダルを首にかけて登場. 準決勝に敗れて臨んだ3位決定戦は、堂々の一本勝ちだった. 「悔いのない試合を、自分の中で一番いい柔道を、と思った」 金メダルを目指してきたから、満足が行く結果とは言い難かった. それでも3位決定戦に臨む際は、「メダルを取るのと取らないのでは全然違う」との思いでぶつかった. 「色は違っても、最後まであきらめずに試合ができたことは良かった」とすがすがしく振り返った. 前日、やはり柔道で同じく頂点を目指した福見友子選手と平岡拓晃選手が敗退している. 「五輪は何が起こるか分からない. 銀メダルに終わった平岡さんは、自分のことで悔しいはずなのに、『明日必ずエビちゃんが優勝してくれるから』と言ってくれたが、自分は負けた. 応援してくれた皆さんに申し訳ない気持ちでいっぱいです」と無念そうに語った. 一方、本番となる試合の前後、日本のファンから数多くの励ましやねぎらいのメールを受け取った. 「結果は残せなかったが、自分を応援してくれる人がたくさんいることがうれしく、力になりました」 今後の目標は、「ロンドンで金メダルという目標がなくなってしまい、次のことは分からない. だが4年後に金メダルが取れるよう、この経験を次に生かしたい」と言い切った. 五輪前から合宿続きでほとんど休めなかったため、「帰国後は心も体も休ませて一からスタートしたい」と力強く宣言した. AIJ投資顧問(東京都中央区)が、企業年金基金から運用を任された年金資産の大半を消失させた問題で、AIJ投資顧問が「約10年で資産が約3.5倍に増える」と高利回りをうたって、年金基金を勧誘していたことが分かった. 証券取引等監視委員会の調べによると、AIJは少なくともここ数年、実際には運用していなかった可能性があり、実態と大きくかけ離れた運用実績を説明していたとみられる. AIJは勧誘資料のなかで、英領ケイマン諸島につくった投資ファンドを使い、2002年6月からデリバティブ(金融派生商品)で年金資産を運用している、と説明していた. ファンドの私募投資信託(少数の人向けの投信)の利回りの実績についても明記し、02年度が35%台、03~05年度まで14~18%台、と非常に高い水準だったとしていた. 06年度以降の利回りは1ケタ台だが、それでも5~9%台だ.
posted by HinagataYoko at 19:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。