2016年10月29日

堀江由衣さんが10月27日に開催されるT

KONAMIは、3DS用ソフト『METAL GEAR SOLID SNAKE EATER 3D(メタルギア ソリッド スネークイーター 3D)』のダウンロード版とテーマを、本日12月16日にニンテンドーeショップで配信開始した. 価格は、テーマ付きのダウンロード版が4,500円(税込)で、テーマ単体が200円(税込). 本タイトルは、四半世紀にわたる時代を描くメタルギアサーガにおいて、ネイキッド・スネークがビッグボスと呼ばれるに至る、ストーリーの原点が描かれた作品. 裸眼3D立体視やジャイロセンサーへの対応、カメラ機能を使った"フォトカムフラージュ"要素など、3DSの機能を生かしたリメイクが行われている. なお、内容としては2012年に発売されたパッケージ版と同様になる. また、ダウンロード版を購入すると、本作のテーマを無料でダウンロードできる. ネイキッド・スネークとザ・ボスのドラマを描いた本作. そのストーリーは今なお人気が高い. カメラ機能で撮影した画像を、迷彩服に反映できるフォトカムフラージュ. 3DS版ならではの要素の1つだ. テーマは、3DSのホーム画面を『メタルギア ソリッド スネークイーター 3D』仕様にカスタマイズでき、ビジュアルやアイコンが変わるだけでなく、BGMや効果音も変化する. テーマを使用した際のイメージ. 10月27日に開催されるTVアニメ『ゴールデンタイム』の振り返り上映イベントに、加賀香子役の堀江由衣さんが出演することが決定した. このイベントは、その月に放送された『ゴールデンタイム』を大きなスクリーンで上映する他、出演キャストなどを迎えてのトークショーなどが楽しめるイベント. 今回上映されるのは第1~4話までで、来場者には特典がプレゼントされる. ◆日時: 10月27日(日) 20: 00開場予定/20: 30開演(22: 40終了予定) ◆場所: 角川シネマ新宿 シネマ1 ◆登壇者(予定): 堀江由衣さん(加賀香子役)、古川慎さん(多田万里役)、比上孝浩さん(二次元くん役) ※ゲストは都合により、予告なく変更となる場合がございます. ◆料金: 2,000円均一(税込) 上映内容は『ゴールデンタイム』第1~4話の一挙上映となります. 来場者特典はチケット1枚につき1つ、ご入場時にプレゼントいたします. 以降、毎月放送された該当話の一挙上映を予定しております. チケット購入に関しては、角川シネマ新宿公式サイトを参照のこと. 第1~4話を大きなスクリーンで見てみたい人や、堀江さんたちのトークを聞いてみたい人は、ぜひ足を運んでもらいたい. TVアニメ『ゴールデンタイム』 【放送情報】 MBS... 毎週木曜日 26: 35 TOKYO MX... 毎週土曜日 25: 00 チバテレ... 毎週日曜日 23: 30 tvk... 毎週日曜日 23: 30 テレ玉... 毎週日曜日 23: 30 テレビ愛知... 毎週月曜日 26: 05 BS11... 毎週火曜日 23: 00 AT-X... 毎週火曜日 23: 00 ニコニコ生放送... 毎週火曜日 22: 00 ニコニコ動画... 毎週火曜日 22: 30 dアニメストア... 毎週曜日 12: 00 バンダイチャンネル... 毎週火曜日 12: 00 楽天ShowTime... 毎週火曜日 12: 00 ※その他配信サイトでも随時配信予定 【スタッフ】(※敬称略) 原作: 竹宮ゆゆこ(電撃文庫/株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊) 原作イラスト: 駒都えーじ 監督: 今千秋 シリーズ構成: 志茂文彦 キャラクターデザイン: 長谷川眞也 音響監督: 明田川仁 音響制作: マジックカプセル プロデュース: GENCO アニメーション制作: J.C.STAFF 制作: おまけん 【出演声優】(※敬称略) 加賀香子: 堀江由衣 多田万里: 古川慎 林田奈々: 茅野愛衣 柳澤光央: 石川界人 二次元くん: 比上孝浩 岡千波: 木戸衣吹 NANA先輩: 佐藤聡美. 現在開発中のPS3/PS Vita用アクション『ガンダムブレイカー』. 先日の薄井プロデューサーに続き、本作のディレクションを担当しているクラフト&マイスター・福川大輔さんのインタビューをお届けしていく. PS3版が6月27日に、PS Vita版が年内に発売予定の『ガンダムブレイカー』は、従来の『ガンダム』シリーズのゲームとは異なる、"ガンプラ"をモチーフとした創壊共闘アクション. そんな本作をどうして制作することになったのか? どんなことを意識してゲームを制作しているのかを福川さんに伺った. また本日は、別の記事で『ガンダムブレイカー』の最新情報をお届けしている. こちらの記事では本作の世界観やBETA版の引き継ぎ要素などを掲載しているので、このインタビューと合わせてチェックしてほしい! ――本作を開発することになった経緯を教えてください. バンダイナムコゲームスとは、創業当初からさまざまな作品を一緒に作ってきた経緯があり、今でもよい関係でお仕事をさせていただいています. 今回、"新たな柱となる『ガンダム』ゲーム"の企画を立ち上げたいというお話を伺って「これは今まで以上に全力で取り組まねば」と知恵をしぼって、これまでの『ガンダム』ゲームになかったような切り口の提案をいろいろさせていただきました. その中の1つが、この『ガンダムブレイカー』の企画でした. 世界観をはじめ、新たな情報が公開された『ガンダムブレイカー』. 詳しくは、本日公開されたもう1本の記事で! ――"ガンプラ"をメインにすえたゲームを作ると最初に聞いた時のお気持ちは? 端的に言うと"これはおもしろくなりそうだ"と思いました. 当初は新しい『ガンダム』ゲームということで、ガンプラ案を含めて、さまざまなジャンルの企画案を出しましたが、結果"ガンプラ"を題材にすることで皆の考えがまとまって、今回のようなプレイサイクルのゲームにすることが、スっと決まっていきました. ただ、ガンプラをどこまでゲーム画面で表現できるか、ガンプラという無限の可能性がある題材の、どこをゲームの遊びとして取り入れていくかについては、いろんな意見があり悩みました. ――福川さんたちにとって『ガンダム』とはどのような存在でしょうか. また、『ガンダム』のゲームを手がけることの意味とは? 『ガンダム』は非常に大きく幅の広いコンテンツですが、個人的なところで言えば、30年以上ずっと好きな世界です. そのガンダムにかかわる仕事をさせていただけるというのは、たいへん光栄だと感じています. ガンプラの『ガンダム』ゲームということもあり、今までとは違う方法で『ガンダム』世界を表現した新しいゲームにしたいと考えています. ――これまでに"ガンプラ"を作られたことはありますか? 最初のブームのど真ん中の世代なので、少ないチャンスに入手して作っていました. 『シャア専用ズゴック』を作った時に、接着剤がはみ出して肩の部分が動かなくなったり、乾く前に色を塗って隣の色と混ざったりして、そんなにキレイにはできなかったりと、苦労していた記憶はあります. 1/60ドムを買ってもらった時はうれしかったです. 最近は、接着剤もいらず、組み立てるだけで色分けもできているので、パチ組みしてペンでの墨入れぐらいまでですが、この作品のために、カラーマーカー、やすりがけや、つや消しスプレーなど、基本的な工程を試してみたりもしました. 開発室には、皆で作った大量のガンプラが、それこそ山のようにあります. →これまでの『ガンダム』ゲームとは"ここが違う"と意識した点とは? (2ページ目へ).
posted by HinagataYoko at 15:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。